【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.11 1 of 5

Dialogue with Yuto Nakamura No.11
December, 2017
1 of 5

 

f:id:songven:20171216193433j:plain


サプリング杯のグループリーグ第3戦で3-0と快勝した相手、ユンロン(元朗)。中村祐人がプレーするTaipo FCの香港プレミアリーグ第8節は、ホームに同じユンロンを迎えての試合となった。カップ戦、そしてリーグ戦と、Taipo FCは同じ相手と2連戦することになった。

カップ戦で3-0と快勝しているだけに、ファンとしてはリーグ戦でもう一度、ユンロンに圧勝する姿を見たいものだった。しかし、当然ながらユンロンも同じ過ちを2回連続で繰り返すわけもない。

中村祐人の「ユンロンがうちのことをよく研究してきているのがわかった」というコメントに見られるように、ユンロンは明らかに対策を立ててこの試合に臨んできた。そして、Taipo FCは主力の一人が累積警告により出場できなかったことも影響し、試合展開は苦しいものとなった。また、中村祐人も前半だけでピッチを退いた。

そのチグハグは最終スコアにも表れた。2-2。しかも、公式記録上はオウンゴール2つでTaipo FCは失点している。実際には一失点目はオウンゴールではない(VTRで見てもオウンゴールではない)ので、このインタビューの中では通常の失点として扱ったが、いずれにしろ、先制され、追いつき、勝ち越され、追いつき、という試合展開で2-2のドローに持ち込むのが精一杯となった。

2017年、最後のゲームとなったこの試合を中村祐人に振り返ってもらうとともに、本人にとっての2017年も振り返ってもらった。


続く

 

f:id:songven:20171216193456j:plain