【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

ザック指令!ラトビア戦のキーポイントは…

イングランド・オランダ・日本・中国の各国の指導者ライセンスを所持するサッカースクール!

小松英之の連載がブログで紹介されました!

ザックが指令したのは、ミドルシュート

勝てばW杯出場が決まる3月のヨルダン戦。

ゴール前を固めてくることが予想されるヨルダンを想定して、ザック監督が今日のラトビア戦に向けて選手に指示したのは、積極的にミドルレンジからのシュートを打っていくこと。

これまでの日本代表は、どちらかといえば、細かいパス回しから相手DFを崩してゴールを決めるというアプローチだったが、それでは引いて守る相手からはなかなか得点が決められず、試合がもつれてしまうこともあった。

そこでザック監督は、積極的なミドルシュートを指示。

ミドルを打てば、相手DFラインをあげざるを得ない。つまり、その裏にスペースができるということだ。

ミドルを狙うポイントとなるのは、2列目の選手。

本田、岡崎、香川、清武らだ。

ここから積極的にミドルを狙い、相手DFがそれをケアーしようと上がってきたら、ボールを持っていない選手はどんどん裏をつくことができる。岡崎や香川は相手DFの裏をつく動きが得意である。そこへ、本田をはじめ、ボランチの遠藤や長谷部からもいいスルーパスが入るようになる。

今夜、どれだけミドルが打てるか。

そこに注目だ。

<筆:小松英之>

BEE Football Spiritは「上海をサッカーの街にするプロジェクト」をサポートします!