【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

オシムはザックジャパン誕生をどう見たか

TFAと野口がハワイに!ハワイでサッカーキャンプ

BEE FOOTBALL SPIRITはトータル・フットボール・アジアを応援します!

「代表監督交渉の過程において、日本には、一本、芯(しん)の通ったぶれない方針がなかったように感じた」(ニュースソースはこちらから)

オシムザックジャパン誕生に関して、上記のように語った。

さすがはオシムさん、という感じである。日本協会の弱点をずばり言い当てた。芯がない。貫き通すものがない。妥協も必要だが、妥協の割り合いが多ければ、もはや「妥協も必要」という次元ではない。

オシムから見れば、日本協会は妥協しすぎなのだろう。

ただし、新監督に対する敬意はもちろん忘れない。

ザッケローニを迎えたことにポジティブな期待を寄せている」と語っている。

結局、日本代表をどうしていきたいのか。そのためにどういう監督が必要で、どこまで妥協せずに交渉するか。その姿勢の問題なのだろう。

当初はスペインのようなサッカーを目指すために、スペイン人監督を招聘すると見られていた。しかし、交渉が難航してイタリア人監督になった。

日本協会には「こういうチームを作っていく」ということを、もっと外に向けて積極的に発言していくことを要求したい。公言はプレッシャーになるからだ。協会は少しゆるすぎるのかもしれない。

presented by BEE Football Spirit

小松英之【連載】海を越えたピッチからの便り

第一回 第二回 第三回 第四回 第五回 第六回 第七回 第八回 第九回 第十回

第十一回 第十二回 第十三回 第十四回 第十五回 第十六回