【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.09 5 of 5

Dialogue with Yuto Nakamura No.09
November, 2017
 
5 of 5
 

f:id:songven:20171126150358j:plain

---ところで、元日本代表で、現在は沖縄SVで選手兼監督をしている、高原直泰さんが香港に来られていて、中村選手とも会っていましたね。
中村「はい。香港で会社を経営しているある日本人の方と高原さんが面識があるようで、それで香港に来ていたみたいです」
 
---一緒にお食事もされていましたが、いかがでしたか?
中村「いや。お恥ずかしいながら、子供時代に戻ってしまいましたね。高原さんはずっとスターだったし、オーラもありますし。とてもいい経験をさせてもらいましたね」
 
---どんな会話をされましたか?
「そんなにいろいろ質問したというわけではないんですが。サッカーのこととか、高原さんが現在やられている沖縄でのプロジェクトのこととかですね」
 
---高原選手も含む79年組は、中村選手にとって憧れの世代なんですよね。
中村「はい。ワールドユースの試合も全部見てましたし。あの世代の中では、私は小野伸二さんが一番好きではありますが、ずっと見てきた世代なので、僕にとっては特別ですね」
 
---話は変わりますが、日本では今、角界が揺れています。どんな風に感じていますか?
中村「ひとつ思ったのは、大相撲ってすごいなと感じたのが、警察の事情聴取は場所が終わってからでないと、みたいのがありましたよね?サッカー界はシーズン中だろうとそんなことはお構いなしで事情聴取するので、そこはすごいな、と」
 
---国技だけに、特殊な世界ですよね。
中村「貴乃花親方も、場所中は何もしゃべらないみたいですしね」
 
---ちなみに、中村選手は相撲は好きですか?見ますか?
中村「昔は見てましたね。最近は見てないです」
 
---今回の事件は、横綱という、土俵の上でも一般世間でも、その振る舞いに高貴な人格が求められる人物の暴力事件ということで、より大きな話題となっているのですが、サッカー界は横綱大関といった階級があるわけではないですし、同じスポーツの世界でも、角界とサッカー界とは異なると感じますか?
中村「相撲と、野球ももしかしたらそうかもしれませんが、サッカー界と比較すると、閉鎖的なのかな、とは感じますけどね。今回の件でも、貴乃花親方は、相撲界を変えようとしていろいろ動いていると思うんですけど、相撲協会の理事とか、相撲界のコメンテーターの中には、貴乃花親方を批判する人もいますもんね。そういうの見てると…すごいな、と。サッカー界のほうがオープンですよね」
 
---ちなみに、プロサッカー選手としてキャリアの長い中村選手は、プロ選手として日常の振る舞いに気をつけていることなどはありますか?
中村「僕はないですね。別に何か悪さするわけでもないですし、見られて困ることもないですし…全然ないですね(笑)」
 
---そうですか(笑)。今回もインタビューありがとうござました。次節、期待しています!
 
 
※インタビューの最後、中村選手は「そういえば、これから試合見ますか?」と聞いてくれた。浦和レッズがアジアを制したACL決勝セカンドレグのことを指している。中村選手は浦和レッズのジュニアユースとユースの経験がある。今回のインタビューのスケジューリングも、このACL決勝の試合時間に重ならないように配慮された。ご存知のように、浦和レッズは見事にアジア制覇を達成した。
 
 

f:id:songven:20171126150424j:plain