【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

まさに中村祐人のゲーム!1G1Aボランチで試合を制す

「FOOT×BRAIN出演直後の中村祐人を独占取材! 10000字インタビュー」

「橋本浩之氏、ZZ氏、松本忠之氏の2017中超の順位予想はこちら」

九巴元朗(H)0-2和富大埔

この男が完全に試合を制した。

中村祐人はこの日、ボランチで先発。これまで試合途中にポジションを下げたことはあったが、試合開始からはプロキャリア初のことだ。

前半を0-0で終えて迎えた後半15分。左サイドのライン際で得たFKのチャンス。キッカーは中村祐人。蹴り出されたボールは大きな孤を描いてゴール前へ。誰が合わせるのか?観客が見守る中、なんとボールはそのままゴールネット右隅を揺らした。直接FKのゴール。これで大埔が先制した。

さらに後半38分には、左CKから追加点。キッカーはまたしても中村祐人。そのボールをドゥドゥが合わせて2-0とした。

守っても、「しっかりバイタルを監視できた」と語る中村祐人とDF陣がしっかりとクリーンシートを達成。ゴール、アシスト、守備、プレースキック…まさにこの日は「中村祐人の試合」。完璧な試合運びで勝利をものにした。

これまで、ストライカーとして生き抜いてきたこの男が、更なる境地を、今まさに切り開いた。今後、この試合は「あの試合がターニングポイントだった」と本人の口から語られるかもしれない。

そんなゲームであった。

※当ブログでは、中国1部リーグの呼称を中国で一般的に使われている「中超」に統一いたします。「中超」は中国語の「中国超級」(中国スーパーリーグ)の略で、日本でいうJ1に相当します。また、香港プレミアリーグについては「香港プレミアリーグ」と記します。