【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

【縦横無尽】「社会に出る」

「社会に出る」
私の嫌いな日本語に「社会に出る」というのがある。意味は、要するに人生で初めて社会人となって仕事をするということだ。仕事する前は大概の人が学生だから、学生に対して使われることが多い。
はて。では、学生はどこに存在しているのだろうか。言葉上では、子供や学生はまだ社会に出ていないということになるからだ。子供や学生がいない社会に、明るい未来はあるのか。
ここで言う「社会に出る」が「仕事する」ことだとして、では、社会に出てみたらどうか。東芝は不正会計だし、三菱自動車神戸製鋼はデータ偽装である。「そういう、清濁併せ持つ社会に出て、荒波に揉まれろということだ」。社会に出ろ、まともに働けという大人は、次はこう言うのか。いずれにしろ、学生が出るべきとされる社会は、警察や教師、医師の不祥事を含めても、決して清浄なる世界ではない。
思うに、あの偉そうな態度がいけないのだろう。「社会に出ろ」と学生相手にのたまわる大人(あくまで一部)は、なぜあんなに偉そうなのか。そういえば、学生相手に「社会ってのはな」と偉そうにのたまう大人もいたな。そこには(学生のお前らにはわからないだろうが)という心理が見え隠れ、いや、丸出しであった。
いつから社会に「出る」という言い方が定着したのかはわからないが、どうせなら「デビュー」のほうがよっぽどいい。「いよいよデビューだな」「まだデビューしないのか?」「デビュー先は決まったか?」。こっちのほうが、よっぽど希望がありそうだ。「早く社会に出ろ」より、「君の一日も早いデビューを待ってるよ」と学生に伝えるほうが価値的に思えるのは私だけだろうか。
東芝三菱自動車神戸製鋼だと言ってるが、じゃお前はどうなんだ。そう言われたら、あたしゃ駄目ですよと言うしかない。あたしにゃ、不正会計を指示して収益を水増ししたり、データ偽装を指示して取引先をキープしたりするような高い地位も強い権限もない。仕事が終わりゃビール片手に「今年の清水エスパルスは…」などと愚痴るのが関の山。だから、私は学生相手に「早く社会に出ろ」「社会とは…」などとは口が裂けても言ったことはない。逆に、「社会に出てないなら、子供と学生はどこにいるんだ?」などと的はずれなことをのたまう。でもそれでいいと思っている。子供や学生は社会の外にはいない。社会に出てないなんてことはありえない。社会を構成する大事な大事な人たちで、未来はこの人たちに委ねる以外にないのだ。その意味では、別に「社会に出る」のが数年遅れようと何の問題もない。その証拠に、業績の悪い大手企業を見てみればよい。リストラする企業がありますな。逆に言えば、社会に出たって、会社の都合で「あんたの給料はもう払えまへん」と言われたらそれまで。人生で何度も転職を繰り返すアメリカや中国に行ってみなはれ。え?あの人もう辞めちゃったの?という事例など山ほどある。それで企業や社会が回らないか。アメリカは世界一、中国は世界二位の経済大国である。
ビール片手に清水エスパルスの成績を毎年のように心配するおじさんが学生に言えることは、せいぜい、「社会に出る必要なんてない。この世に生を受けた瞬間から、社会には出ているのだから。それより、君のような前途有望な若者が、いち早くデビューしてくれることを待っているよ」ということくらいか。
清水エスパルスは先週、実に8か月ぶりにホームで勝ち星を飾った。

 

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

【縦横無尽】TOKIO山口達也の会見に思う

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180427-00000002-nnn-soci

別にTOKIOのファンではないので、被害者とその親族の方々が可哀そうだなとしか感じないが、この事件が「お酒に酔った」上での出来事となると、お酒を好む身分としては、単なる他人事にはできない。
なぜアルコールを摂取すると、人は酩酊するのか。それは科学の世界でも決して100%は解明されてはいないようだが、こういう事件を見ると、お酒による「非日常」の体感ではないかと思ってしまう。
変化の少ない毎日を送ると、人は「非日常」を求める。そして旅行に出たり、普段とは違う行動を取ったりする。その点、お酒は非常に簡単に「非日常」の世界へ人間を導く。さらに、「酔ってるから仕方ない」という、ある程度の言い訳が許される。その許される一線を超えると、今回のような不祥事になるのであろう。
思えば、お酒はそういう意味で、非常に手軽な「非日常」をもたらす物質だ。旅行は何かと手間がかかる。しかし、アルコールは自宅で、短時間で、手軽なコストで、非日常の世界へ誘ってくれる。事実、今回の事件も自宅で起こったことらしい。
手間をかけず、経済的に、たとえ自宅でも「非日常」の世界へ誘ってくれるアルコール。それは、車を運転するときに「自分は加害者になる可能性がある」と自覚するのと同じように、飲む以上は「他人に迷惑を与える可能性がある」と自覚しなければ、手を出してはならないものなのだろう。
そんな戒めを、山口達也さんから得たことが、このニュースの最大のベネフィットかもしれない。

 

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

中国人は反日なのか

【縦横無尽】南北首脳会談に思う

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000032-jij-kr

朝鮮半島の南北首脳が会談した。
これに対して、やれ「北の演出」だの、「中国の思惑通りの演出」だのと揶揄する声もある。つくづく、低レベルだなと思う。
演出がないとは言えない。ただし、演出だとしても、互いのトップが友好ムードで対話をしたこと、そのものが、すでに貴重な一歩である。
はっきり言って、今回の対話が「演出」だというなら、北が日本海オホーツク海に落としたミサイルだって「演出」である。演出でなかったら、東京か大阪を狙うことだってできるからだ。陸地を狙わず、わざと海に落とすことは、それ自体がすでに演出である証拠である。では、同じ演出でも、「対話」と「ミサイル」だったら、どちらが日本、または国際社会にとって有益か。
今回の対話を演出にして、北が自国に優位な方向に持っていく?それの何が悪い?である。朝鮮半島に関わる国々のリーダーと外交官は、100%北の狙い通りにされるような馬鹿ではない。そもそも、狙いのない外交などない。相手の狙いに対して、牽制と防御のバランスを取りながら、落としどころを見つける。それが外交だ。
一方的にミサイルを打ってくる演出より、友好と平和の対話を行う演出のほうが、どれだけ「真の友好と平和」につながっていくか。そこを考えずにヒステリックに「演出」だと騒ぐのは、愚かとしか言いようがない。
時間稼ぎが必要なら、稼がせておけばいい。金正恩委員長は、先月には北京で習近平首席に会った。今月は韓国の文在寅大統領、そして来月か再来月には「世界のボス」の登場である。ちょうど私は今、アメリカにいる。アメリカ人の友人は「今日現在、アメリカにとって最大の外交課題は、化学兵器のシリアでも、貿易戦争の中国でもなく、北朝鮮だ」と語っていた。それだけ、一般アメリカ人にも、北の問題が浸透しているということだ。ならば、このタイミングを置いて距離を縮める機会はない。演出だろうと、時間稼ぎだろうと、それも含めて一気に持っていけばいい。守るべきは平和であり、友好であり、庶民の生活と生きる権利であろう。そこを脅かす「ミサイル」とは真逆の「対話」を立て続けに行っていることを、見落としてはならない。
仏教では、「連帯は善」「分断は悪」と説く。

 

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

【縦横無尽】デビューしないことの意義

【デビューしないことの意義】
私は中学生でギターを弾き始め、高校生の時に友達とバンドを組んだ。以来、25歳で初めての就職をするまで、大学を卒業してからもフリーターをしながら、メジャーデビューを目指していた。
音楽に限らず、お芝居やお笑い、絵画、またスポーツの世界でも、プロを目指す若者は少なくない。そして、その中のほんのひと握りしかプロになれないのは、周知の通りである。
高校や専門学校、短大や大学を卒業したら、就職する。それが「まともな」人生だとして、そういうレールに乗らない時点で、そういう人たちは十分個性的な生き方をしていると思う(「まともな」道を歩む人をディスっているわけではない)。そんな生き方を選ぶ人は、その人にしかない発想やアイデアがあってもおかしくない。
ふと、突然思ったことだが、プロを夢見てプロデビューできなかった人の人生の意義のひとつが、そこにあると思う。もしも、この世で会社に就職する人たちがみな「まともな」道で就職したらどうなるか。プロになる人は生まれた時から決められており、音楽、お芝居、お笑い、絵画、スポーツ…それらで本気でプロを目指して努力し抜いた人たちがまったく存在しない会社だったら、どんな人間関係になるのだろう。
「大学を卒業してから、すぐに就職せず、何をしていたんですか?」と批判的な眼差しで質問してくる人事担当者のいる会社のホームページの採用ページに「我が社はまったく新しい発想ができる人材を求めています」などと書かれていると、思わず吹き出してしまう。「我が社はまったく新しい発想ができる人材を求めています(ただし、大学卒業したら夢を追わずにすぐ就職しなね)」とカッコ書きがついているように思えるからだ。
思うに、「卒業したら就職=まとも」という人生の概念など気にせず、本気でプロを目指した人の中で、プロになれず就職していく(私も含めて)人たちの意義のひとつは、こんなところにあるのだろう。レールに乗らない生き方をできる人間だからこそ、レールに乗らない発想ができるのだ。もしくは、発想はできても、そのアイデアが会社のレールに乗っていなければ、あえて発言しない人たちが多いかもしれない。だが、周囲から「まともに就職しろよ」と言われてもプロを目指す生き方をした人たちなら、発想し、発言もできるかもしれない。
会社、企業、経済界、ビジネス界。そんな世界で異彩を放つ特殊な感性の持ち主。それが、デビューしないことのひとつの意義ではなかろうか。

 

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.13 5 of 5

Dialogue with Yuto Nakamura No.13
February, 2018
5 of 5


f:id:songven:20180212105011j:image

 

---これでTaipo FCはリーグ3連勝。順位も勝ち点21の3位につけています。首位の傑志が頭ひとつ抜け出していて、勝ち点32(ただし、Taipo FCより1試合多く消化している)ですが、3位のTaipo FCと4位のR&F富力の間も、勝ち点差が6あります(R&F富力は1試合未消化)。チーム状態も含めて、リーグ3位以内は安泰にも見えますが、いかがですか?
中村「いや、全然そんなことないです。ひとつでも負けたらわからなくなりますよ。積み上げてきたものがないので。だから毎試合、決勝戦を戦っているようなものです。根性で毎試合戦っているような。うちの選手は本当に素晴らしいですよ。どんな状況に立たされても、絶対に最後まで戦い抜きますからね」

---昨年は怪我人も多かったですよね。そういう中でこの戦績は、とても素晴らしい結果だと思います。
中村「そうですね。怪我人もだいぶ復帰してきたし、新しい選手も入ってきた。これからは、怪我人を出さないことと、やっぱり根性ですよね。1試合、1試合、やり抜くだけです」

---今季、ここまでのリーグ戦の順位を見ていると、だいぶ今までと構図が変わっていますよね。イースタン、ユンロン、サザンなどが下位に沈んでいます。
中村「そうですね。例年よりも毎試合、勝つのが大変になってきている。これは、香港リーグにとっていいことだと思います。来年、この流れは加速すると思います。傑志から選手が流出するだろうし。傑志のようなチームがもうひとつあれば、もっといいんでしょうけど」

---ところで、先日、中村選手はご自身の公式Facebookで、ファンに向けてメッセージを発信していましたね。シーズンオフに手術するというような噂が出回っていて、それについて心配するファンへ、事実ではないから安心して、という内容でした。
中村「情報の発信源がどこなのか、僕もわからないんですが、たくさんの方から、心配の声をもらったり、Take careって言われるんです。でも、まったくのデタラメ情報なので、メッセージを発信しました」

---それを聞いて安心しました。まもなく香港では旧正月を迎えますね。中村選手はどう過ごされますか?
中村「シーズン中なのでね。香港に残りますよ」

---わかりました。今回もインタビュー、ありがとうございました!


f:id:songven:20180212105027j:image

 

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.13 4 of 5

Dialogue with Yuto Nakamura No.13
February, 2018
4 of 5


f:id:songven:20180212104828j:image

 

---続いて、第11節のホーム、サザン戦を振り返りたいと思います。この試合、チームは1-0で勝利。中村選手は前半のみの出場でした。前半だけというのは、あまりに早い交代に思えます。
中村「僕は、監督のことはよく理解しているので、予想できてしまうんですよ」

---ということは、早い交代を予想していたということですか?
中村「はい。試合開始わずか11分で、一人の選手が怪我で交代を余儀なくされたんですが、その選手は背が高いんですね。うちの監督はセットプレーの守備をすごく気にするんですよ。だから、なんなら、前半11分のその時点で、もう交代かなと一瞬思ったくらいで。でもまぁ前半は全部プレーした。でも、ロッカールーム戻って、交代はあるだろうなと思っていたら、案の定でした。セットプレー対策になる選手が代わって出ました。腹は立ちますけどね、当然」

---中村選手の予想通りに交代となってしまったわけですが、ただ、サッカーのセオリーで言うと、交代枠が3人あって、一人は前半で早々に交代している。残り2枠。でも、最後の1枠は、GKの怪我や退場を考慮して、ぎりぎりまで取っておきたいわけです。そうなると、2人目の交代は、事実上、戦略的な交代という意味では、最後の一枚ですよね。それを後半開始早々から使うというのはちょっと早すぎるな、と。それでも、中村選手としては、交代を予想していたと?
中村「はい。してました。相手は上背がある選手が多くて、うちの監督は相手の高さを異様に警戒する。だから、交代の早い遅いではなく、交代はあるだろうと思ってました」

---この試合は試合終盤にTaipo FCが得点して1-0の勝利ということで、とても拮抗していました。前半を振り返っていかがですか?
中村「僕が決定機をはずしてしまったというのもあったんですが、でもまぁ拮抗した展開になることは予想できてましたし、その中でうちが個の力で打開していい形を作れていたので、このままいけば、後半はいけるんじゃないかと思いましたし、1点取った方が勝つなという感覚もありました」

---では、膠着状態ではあったけど、点が取れなそうな雰囲気ではなかったんですね。
中村「はい。むしろ、守ってからのいい攻撃ができていました」

---ただ、後半に入ってもなかなか点が決まりませんでした。中村選手は後半の試合をどんな風に見ていましたか?
中村「後半は相手も盛り返してきましたよね。サザンは8試合勝ちなしっていうのもあって、必死でした。それでも、うちのGKとDFが最後のところでしっかり抑えてくれて」

---そして、決勝点が決まりました。
中村「アクシデント的なゴールでしたけどね。相手がつついたボールが裏に抜けて…。それを拾って決めたゴールでした」


f:id:songven:20180212104844j:image

 

続く

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.13 3 of 5

Dialogue with Yuto Nakamura No.13
February, 2018
3 of 5


f:id:songven:20180212104450j:image

 

---ぜひお伺いしたいのは、中国の広州まで行って試合をして、香港に戻るという、この行程についてです。中村選手も初めてとのことですが、実際にやってみての感想はいかがですか?
中村「久々のアウェイ感を味わえて、楽しかったですよ。AFC以来ですからね。AFCの時は2日前でしたけど、今回は前日にチーム全員で現地に入って、みんなでご飯食べて、生活を共にして、そして試合に臨む。全部楽しかったですよ」

---普段、香港内でやっているアウェイ戦よりも、更にアウェイ感がある、という感じでしょうか?
中村「もちろんです。もう全然違いますよ。これぞまさに『アウェイ』って感じ、『中国』って感じです」

---香港と中国で、サポーターに違いはありましたか?
中村「それはあまりなかったですね。試合に入ったらわからなくなりますから。でも、Taipo FCのサポーターが、バス2台で広州まで来てくれたんですよ。それはもう、心強いどころじゃなかったですね。感動しました。帰りのバスでは、サポーターとも交流しました。それに、妻も来てくれましたし。本当に頼もしかったです」

---スタジアム、ピッチコンディション含めて、プレー環境はいかがでしたか?
中村「決していいとは言えませんが、香港でも似たような状況や、それよりひどい状況もあったりするので。ただ、寒かったです。今回、気温はマイナスになるくらいだったので」

---中国での前泊、気温の低さ。普段と異なる環境で、前日のコンディション作りに影響はありましたか?
中村「確かに、普段通りのコンディション作りが完璧にできるわけではないので、多少気を遣いましたけど、当日迎えたら動きもよかったし、意外に影響はありませんでした」

---ちなみに、人によっては枕が変わると寝られない、という人もいますが、前日はしっかり睡眠を取ることができましたか?
中村「枕は持って行きました」

---あ、マイ枕を持っていくんですね。マイ枕がないと、寝付きが悪いんでしょうか?
中村「実際にはそんなことないかもしれないですけど、まぁ慣れてる枕の方がよく寝られるかなという発想です」

---前回のインタビューでも、中国でのアウェイ戦が増えることにポジティブなコメントをされていましたが、実際に経験してみて、その想いは変わりませんか?
中村「変わらないですね。もっともっと増えた方がいいと思います。サッカー選手って、試合数とアウェイ戦が増えないと、成長しないと思うんですよね。まぁナショナリズム的に納得できない人もいるかもしれませんが、単純に競技として見たときには、増えた方がいいと思います」

---アウェイ戦を戦うことにより、困難な状況の中で試合をしていくことで成長できるということでしょうか?
中村「そうです。チーム全体で同じことをするというプロセスが、試合の勝ち負けとは別のところで発生していて、それがすごく大事だと思います」

---広州の街を歩いたりというような時間はありましたか?
中村「いや、まったくありませんでした。ホテル入ったら、もうそのままずっとホテルにいました。僕は一人部屋だったので、リラックスできました」


f:id:songven:20180212104509j:image

 

続く