【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ニュース【ランダム】、B級ニュース【BQN】、ビール、アメリカ、中国etc

【ランダム】「ナラティヴ・アプローチ」3-3

business.nikkei.com

 

やはり“違和感”に気づいたときが、物語的知性を働かせるタイミングだと思います。「何かおかしいな」と感じたときが、頭の働かせどきであり、次なる自分への扉が開いたときでしょう。

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

 

【ランダム】「ナラティヴ・アプローチ」3-2

business.nikkei.com

 

「自分は今、どの声に対して応答しているのか」と意識することは、とても大事だと思います。

 

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

 

【ランダム】「ナラティヴ・アプローチ」3-1

business.nikkei.com

 

「対話かノウハウか」ではなく、「ノウハウを生かすために対話をしましょう」と、“or”ではなく“and”のロジックで伝えていくこと

 

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

 

【ランダム】「ナラティヴ・アプローチ」2-4

business.nikkei.com

 

重要なのは、組織の中にはいろいろな溝があることに気づくこと。そして、それに対する挑み方を、実は私たちはよく分かっていないという事実を知ること。これが学習の入り口になるのです。

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

 

【ランダム】「ナラティヴ・アプローチ」2-3

business.nikkei.com

 

経営者も「メンバーには本当のことを言ってほしいのに、言ってくれない」と悩んでいる

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

 

【ランダム】「ナラティヴ・アプローチ」2-2

business.nikkei.com

 

「他者」というものは、厄介で面倒で不都合だらけの存在なのだけれど、他者との間に橋を架け、対話的に向き合っていくことを通じて、「私」自身も変わっていける

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

 

【ランダム】「ナラティヴ・アプローチ」2-1

business.nikkei.com

 

彼が言ったのは、「メタ・メッセージ」と「メッセージ」が食い違っていると、受け取る側はどっちに行くべきか分からなくなって精神的に混乱してしまうということです。

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと