【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ニュース【ランダム】、B級ニュース【BQN】、ビール、アメリカ、中国etc

【縦横無尽】デビューしないことの意義

【デビューしないことの意義】
私は中学生でギターを弾き始め、高校生の時に友達とバンドを組んだ。以来、25歳で初めての就職をするまで、大学を卒業してからもフリーターをしながら、メジャーデビューを目指していた。
音楽に限らず、お芝居やお笑い、絵画、またスポーツの世界でも、プロを目指す若者は少なくない。そして、その中のほんのひと握りしかプロになれないのは、周知の通りである。
高校や専門学校、短大や大学を卒業したら、就職する。それが「まともな」人生だとして、そういうレールに乗らない時点で、そういう人たちは十分個性的な生き方をしていると思う(「まともな」道を歩む人をディスっているわけではない)。そんな生き方を選ぶ人は、その人にしかない発想やアイデアがあってもおかしくない。
ふと、突然思ったことだが、プロを夢見てプロデビューできなかった人の人生の意義のひとつが、そこにあると思う。もしも、この世で会社に就職する人たちがみな「まともな」道で就職したらどうなるか。プロになる人は生まれた時から決められており、音楽、お芝居、お笑い、絵画、スポーツ…それらで本気でプロを目指して努力し抜いた人たちがまったく存在しない会社だったら、どんな人間関係になるのだろう。
「大学を卒業してから、すぐに就職せず、何をしていたんですか?」と批判的な眼差しで質問してくる人事担当者のいる会社のホームページの採用ページに「我が社はまったく新しい発想ができる人材を求めています」などと書かれていると、思わず吹き出してしまう。「我が社はまったく新しい発想ができる人材を求めています(ただし、大学卒業したら夢を追わずにすぐ就職しなね)」とカッコ書きがついているように思えるからだ。
思うに、「卒業したら就職=まとも」という人生の概念など気にせず、本気でプロを目指した人の中で、プロになれず就職していく(私も含めて)人たちの意義のひとつは、こんなところにあるのだろう。レールに乗らない生き方をできる人間だからこそ、レールに乗らない発想ができるのだ。もしくは、発想はできても、そのアイデアが会社のレールに乗っていなければ、あえて発言しない人たちが多いかもしれない。だが、周囲から「まともに就職しろよ」と言われてもプロを目指す生き方をした人たちなら、発想し、発言もできるかもしれない。
会社、企業、経済界、ビジネス界。そんな世界で異彩を放つ特殊な感性の持ち主。それが、デビューしないことのひとつの意義ではなかろうか。

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

【縦横無尽】意識メタボ

【意識メタボ】
現役を引退したイチローが数年前のあるインタビューで「頭でっかちになりがち」と語っていた。インタビュアーからメジャーリーグに挑戦する日本人選手がウェイトトレーニングを増やして筋肉を増やす(体格を大きくする)傾向にあることについて問われて答えたものだ。「筋肉を増やしてもそれを支える関節や腱は大きくできない」ことから「人間は持って生まれた(体格の)バランスがある。それを崩してまで筋肉を付けることは意味がない」と。一方で、引退会見では「(今のメジャーは)考えなくて済む野球になっている」と語っている。自分がメジャーデビューした頃と比べて今のメジャーリーグはどうかと問われてそう答えた。
「頭でっかち」と「考えなくて済む」。一見矛盾するようだが、私は同じことを語っていると思った。どちらも意識だけで物事を解決しようとする、逆に言えば身体や感覚を極端に無視する傾向のことを言っているのだろう。
メジャーの選手は体格が大きいから、日本人も腕、胸板、足などに筋力を付ける。ここにこういう筋肉を付ければ、バッティングの飛距離が伸びる、投球が速くなる…。もちろんスポーツ科学の分析でそういう結論が出ることもあろう。だがイチローは科学的分析よりも自分の持って生まれた身体のバランスを優先した。また、あらゆるバッターのこれまでの打球を分析し「この方向によく打つ」との結果から極端な守備シフトを敷くなど、近年のメジャーでは分析結果に従い、選手に「こう守れ」と指示するのが普通になっている。だがそこでは投手や打者のその日の調子や天候などの個体差は無視される。
要するにバランスが悪い。現代は意識の比重が大きくなりすぎている。ではその意識は何をしているかというと「予測と制御」に尽きる。「こうなる」と予測し、「その対策のためにこうしろ」となり、その結果「こうなった」。この繰り返しである。そしてこのサイクルが「先進的」という価値観になった。サイクル自体が悪いのではなくバランスが悪いのだが、私から見るとこの価値観への執着がもはや宗教的ですらある。人間と社会が「予測と制御」のサイクルでコントロールできないものすらコントロールすることに何の疑いも持たなくなった。コントロールできないものの代表が自然、身体、そして未来である。そこでは個体差が無視される。自然、身体、未来。いずれも一人ひとりの、あるいは一つひとつがかけがえのない(変えの効かない)個性ではなかったか。その個体差が極端に無視されて久しい。私は最近、これを「意識メタボ」と呼ぶようになった。意識の肥大化による個体差の無視。昔は「滅私奉公」で個性を無視してきたが、現代日本は「意識メタボ」でまた個性を無視している。
もう一度イチローの言葉を思い出してみる。「人間は持って生まれた(体格の)バランスがある。それを崩してまで筋肉を付けることは意味がない」。まさに自分という一人のかけがえのない存在を全体の傾向に流されることで失わないようにしているのだ。「(今のメジャーは)考えなくて済む野球になっている」。まさに一人ひとりのかけがえのない考えを無視して、指示されたことをやればいいという傾向に警句を発しているのだ。
それでも私はアメリカの意識メタボはまだマシだと思える。同調圧力、横並び、集団への帰属意識が強い日本人は全体が「意識メタボ」になると個体差は無視「される」というより、個人個人が個体差を「無視して」全体に流れる。体型の肥満者は圧倒的にアメリカ人のほうが多く日本人は少ないが、意識メタボは圧倒的に日本人のほうが多いと思う。OECD経済協力開発機構)の「自分を健康だと思う人の割合」という調査では、90%に近いアメリカ人が「自分は健康だ」と思っているのに対して、世界最長寿国の日本人は30%にも満たなかったそうだ。世界で最も長寿なのに自分を健康だと思えない。
意識メタボが強すぎるとそんな風になってしまうらしい。

 

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

【縦横無尽】歴史認識のギャップ

歴史認識のギャップ】
今年亡くなられた堺屋太一さんは過去のインタビューでとても面白いことを語っていた。戦時中、小学生だった氏は学校で先生が「一億玉砕」と言うのを聞いて「一億人が玉砕したら戦争に負けてしまいます」と質問して、先生からこてんぱんに殴られたという。あまりに当たり前のことを言っているが、もちろん当時のご時世では絶対に口にしてはならないことだったのだろう。このエピソードを聞いたとき、私は祖母や早川先生(小学3年時の担任の先生)から聞いた戦時中の話を思い出した。例えば白い布を使えば爆弾から逃れられる(黒い布は光と熱を集めやすいから)とか、バケツリレーの訓練(本土空襲されたらバケツリレーで火事を治める)とか、竹槍訓練(米英兵が本土上陸したら戦うため)など。戦時中の日本人は本気でそんなこと考えて実践していたのかと。
中国人と日本人の歴史認識のギャップは実はこの辺りにあるのではないか(韓国人やその他の国々については勉強不足なのでわからない)。日本人の本土決戦前のエピソードを聞いていると、どうにも本土決戦を現実的に捉えていたようには思えない(もしかしたら政府や軍部が国民に現実的に捉える機会を与えなかったのかもしれないが)。空爆されても白い布をまとえば助かる?空襲による火災をバケツリレーで消す?機関銃を手にした米英部隊が本土に上陸してきたら竹槍で応戦する?もはや漫画の世界だ。
一方、中国はどうか。盧溝橋事件が1937年7月。少なくとも中国人はそこから終戦まで現実的な「本土決戦」を強いられていた。では中国人は日本の空爆に対して白い布をまとったか。日本の空襲による火災をバケツリレーで消そうとしたか。ましてや自分の町や村に侵攻してくる日本兵に竹槍で…もう止めておこう。
要するに現実感の違いである。しかもその期間だ。1937年から1945年で約8年間、中国は「本土決戦」に晒された。日本はどうか。本土決戦を想定して「本土沿岸築城実施要綱」なるものが作られたのが1944年7月。終戦の一年前である。その後、1945年2月から硫黄島、沖縄、大規模な東京大空襲をはじめとした各地空襲、そしてヒロシマナガサキを経て8月15日を迎える。8年間と1年間。8年もの間、各地で親、子供、夫、妻、恋人、いとこ、親友、隣近所を殺され続けた人たちと、わずか1年で「鬼畜米英」からキャンディーやチョコレート欲しさに米兵に群がった子供たち(私の母も米兵に群がったそうだ)とそれを見ていた大人たち。この現実感と期間の違いが歴史認識のギャップの根底にあるのではないか。これだけ違えば、戦争や戦争被害に対する認識のギャップが生まれるのは当然と考えるべきだろう。
歴史教育の違いだという意見もある。ではその教育要綱を作るのは誰か。戦争の現実感で圧倒的なギャップがある2者が「日中戦争」というシンボル化された歴史を記述すればギャップが出て当然である。
となれば、世界で唯一の被爆国である日本は核兵器に対して最も現実感を持っている国民と言えるだろう。それだけの熱量と必死さが、日本の「核兵器反対」にはあるのか。ヒロシマナガサキの人たちほどにそれらがあるのか。
今一度、自分に問ういい機会だ。

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

【縦横無尽】実践家と観念家

【実践家と観念家】
つい先日、マレーシアのマハティール首相が日本のテレビ局のインタビューに答えていた。曰く
「マレーシアには憲法第9条はないが、憲法第9条を実践している」
外交問題は交渉とギブ&テイクで解決すべきだ」(武力を手段にしてはならない)
なるほど、さすがに歴史に残る名宰相だと感心した。つまりは観念家ではなく、実践家なのである。だから「なくても実践している」や「ギブ&テイク」という表現ができる。観念家にはできない表現だ(もしくはできても説得力がない)。高齢なマハティール氏が首相に返り咲いたのを後継者がいないと取るか、群を抜いた実践家に再び任せたと取るかは個人の問題である。
観念家が幅を利かせて久しい。思えば私は大学生の頃から観念家にイニシアチブを取らせてはならないと主張し続けてきた気がする。あれから20年。観念家のイニシアチブは減るどころか進んだように思う。しかも20年も継続すればそれはすっかり定着し、覆すことも容易ではない。もはや主張しなくなったのは諦観か、それとも歳のせいで元気がなくなっただけか。
だが、年の功というのもある。観念家の性質については、これはずばり、はっきり言える。観念家はパターン化したやり方に権威を添えて人々に示し続ける。人々の善意にあぐらをかき、自分にも権威を付けるようになる。パターンや体制の維持のためにはどこまでも必死になる。隠蔽、強制、上から目線、傲慢、驕慢…。それに異議を唱える実践家が現れると「はみ出しもの」のレッテルを貼り周囲から孤立化させる。それでも実践家が怯まなければ今度は「危険人物」のレッテルを貼る。社会的、世間的に違う類の人間だと周囲に認識させる、つまり「村八分」である。
こうして実践家は集団、パターンから隔離され、イニシアチブを取り続けるのは観念家となる。この上はもう徹底的に観念化したらいいのではないかと思うようになった。諦め?それならそれでいい。戦時中の日本軍部は徹底的に観念を突き詰めていった結果、あぁなった。歴史は繰り返す。だったらもう一度そうなればいいのでは。一度、徹底的に破壊されないとこの国の人々は気付かないのなら、それもやむなしである。
その間、実践家は確実に海外に生きる場を求めるだろう。

 

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

【縦横無尽】香港の逃亡犯条例改正は観念か実感か

wedge.ismedia.jp

「花の美しさというものはない。美しい花がそこにあるのだ」小林秀雄

この問題は書くのが一番難しい。中国(11年生活)にも香港(渡港は軽く100回超)にも情がある。先日も香港から京都に遊びに来ていた友人に会ったし、中国には毎月行っている。
どちらに肩入れとかではなく書こうとすれば、冒頭の言葉に尽きる。香港に長年住んでいる方のツイートを見た。曰く、「ここが好きだからここで生活している」のではなく、「ここで生活しているからここが好き」なのだと。小林秀雄の言葉に通ずる。これがすべてだと思う。要するに「花の美しさ」(観念)なのか「美しい花がそこにある」(実感)なのかである。
統治する側からすれば「香港とはこういう街である」となる。ここで言う「こういう」には現実的な利害がある。利は現代ではベネフィットと呼び、害はリスクと呼ぶ。ベネフィットだけを吸い取りリスクはヘッジする。そういう力が働いて当然である。その具現化が法制案でありデモ隊の鎮圧だろう。逆に統治される側からすれば「ここで生活してきた。だからここはこれまでの自由が保証されるべきだ」となる。そこには利害はない。利害ではなく「これまでここで生活してきた」という実感こそが存在する。その実感を脅かされれば反発して当然である。反発の表現の仕方を非難する声もあるが、それは非難している側の立場と利害を考えるべきだ。「観念」で言っているのか「実感」で言っているのかである。
私は20代から「観念」を信じなくなった。だから「観念」を捨てた。「実感」こそを底に置いて生きてきた。それでもこの問題で難しいと思うのは、中国(中国の都市や友人)に対しても香港(香港という街や友人)にも実感として親しみがあるからだ。でも最終的には「実感」こそが重要であり守られるべきであると思う。それが自分なりに出した答えである。

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

 

 

松下幸之助名言「熱意が道を切り拓く」

私は今までたくさんの人に働いてもらっておりますが、なるほど偉い人、というとおかしいが、ほんとうに間に合うという人は熱心です。熱意のある人です。早くいえば、この二階に上りたい、なんとかして上りたいという熱意のある人は、ハシゴを考えましょう。非常に熱意のある人は、どうしたら上れるのか、ということでハシゴを考える。

この二階に上ってみたいなあ、というくらいの人ではハシゴは考えられません。おれの唯一の目的は二階に上ることだ、という熱意のある人であればハシゴを考えると思います。仕事の上の熱意がなかったらお豆腐みたいなものです。人間はなんといっても熱意です。みなさんが習った技術、知識というものも熱意があればぐんぐん生きてきます。


出典「社員稼業」

 

 

松下幸之助名言「お客様大事」

商売というものは、形の上だけで見れば、品物を売って代金をいただくということですが、それでは自動販売機と変わりません。そこにやはり買っていただいてありがたい"という感謝の気持ち、お客様が大事といった気持ちを持つことが、商売本来のあり方だと思います。
よく昔の商人は「お客様の家のほうには足を向けて寝ない」というほどの感謝の気持ちで客に接したといいます。そうすると、そういうものがおのずと客にも伝わり、同じ品物でもあの店で買おうということになって、両者の心が通い、社会全体が潤いのあるものになってきます。
私は商売にも"物心一如"ということがきわめて大切だと思うのです。


出典「松下幸之助一日一話』

 

 

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと

中国人は「反日」なのか: 中国在住日本人が見た市井の人びと