【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

松下幸之助名言「熱意が道を切り拓く」

私は今までたくさんの人に働いてもらっておりますが、なるほど偉い人、というとおかしいが、ほんとうに間に合うという人は熱心です。熱意のある人です。早くいえば、この二階に上りたい、なんとかして上りたいという熱意のある人は、ハシゴを考えましょう。非常に熱意のある人は、どうしたら上れるのか、ということでハシゴを考える。

この二階に上ってみたいなあ、というくらいの人ではハシゴは考えられません。おれの唯一の目的は二階に上ることだ、という熱意のある人であればハシゴを考えると思います。仕事の上の熱意がなかったらお豆腐みたいなものです。人間はなんといっても熱意です。みなさんが習った技術、知識というものも熱意があればぐんぐん生きてきます。


出典「社員稼業」

 

記事を更新しました
#松本忠之
#中国
#中国人
#中国本
#中日友好
#上海

中村祐人名言「自信がなければやってない」

中村祐人名言

 

傑志SCでレギュラーを取る自信はあるか?と聞かれて。

「もちろん。プロですから、自信がなければやってない」

 

記事を更新しました
#松本忠之
#中国
#中国人
#中国本
#中日友好
#上海

松下幸之助名言「成功するまで続ける」

何ごとによらず、志を立てて事を始めたら、少々うまくいかないとか、失敗したというようなことで簡単に諦めてしまってはいけないと思う。一度や二度の失敗でくじけたり諦めるというような心弱いことでは、ほんとうにものごとをなしとげていくことはできない。
世の中はつねに変化し、流動しているものである。ひとたびは失敗し、志を得なくても、それにめげず、辛抱強く地道な努力を重ねていくうちに、周囲の情勢が有利に転換して、新たな道がひらけてくるということもあろう。 世にいう失敗の多くは、成功するまでに諦めてしまうところに原因があるように思われる。最後の最後まで諦めてはいけないのである。


出典『指導者の条件』

 

記事を更新しました
#松本忠之
#中国
#中国人
#中国本
#中日友好
#上海

松下幸之助名言「お客様大事」

商売というものは、形の上だけで見れば、品物を売って代金をいただくということですが、それでは自動販売機と変わりません。そこにやはり買っていただいてありがたい"という感謝の気持ち、お客様が大事といった気持ちを持つことが、商売本来のあり方だと思います。
よく昔の商人は「お客様の家のほうには足を向けて寝ない」というほどの感謝の気持ちで客に接したといいます。そうすると、そういうものがおのずと客にも伝わり、同じ品物でもあの店で買おうということになって、両者の心が通い、社会全体が潤いのあるものになってきます。
私は商売にも"物心一如"ということがきわめて大切だと思うのです。


出典「松下幸之助一日一話』

 

記事を更新しました

#松本忠之

#中国

#中国人

#中国本

#中国ビジネス

#反日

#反日教育

#日中友好

#中日友好

#上海

#深セン

中村祐人の傑志が韓国合宿から帰還

www.facebook.com

 

記事を更新しました
#中村祐人
#黄大仙

中村祐人の傑志SCがプレシーズンマッチ!

m.facebook.com

 

中村祐人の傑志SCプレシーズンマッチ

8/18(日) 香港

Don't miss it!!

 

記事を更新しました
#中村祐人
#黄大仙