【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.12 2 of 5

Dialogue with Yuto Nakamura No.12
January, 2018
2 of 5

 

 

f:id:songven:20180127103158j:plain

---試合を振り返る前に、まず怪我について詳しく聞かせていただけますか?
中村「12月のユンロン戦(12/10)の前くらいから、左ひざに痛みがありました。でも、とりあえずこのユンロン戦が終われば、1ヶ月ほど試合がないということで、プレーはしました。ただ、めちゃくちゃ痛くて…。それでも試合は2-2の引き分けだったので、最低限の結果は得られて良かったんですが。ただ、試合後もなかなか回復しなくて、ずっと痛みがありました」
 
---痛みが続いていたんですね。
中村「はい。それで、一度、ある程度まとまったオフ期間があったので、そこではもう一切トレーニングをせずにいました。ただ、オフが開けてトレーニングを再開して2日目くらいから、またすごく痛み出したんです。それで、病院にMRIを撮りにいきました」
 
---どのような診断結果だったのでしょうか?
中村「左ひざの外側に、ゼリー状の物体が溜まっている、とのことでした。水が溜まるのとは違うんですけどね。で、そのゼリー状のものが、痛みを引き起こしている、と。ただし、それがすぐに、じん帯や半月板に悪影響を及ぼすということではなかったので、様子を見ながら治していこうとなりました」
 
---ゼリー状のものですか。
中村「はい。とても珍しいケースのようですね。その場では、注射で散らせるのなら散らしてみようということで、注射を打ちました。それによって、ほんの少しですが、そのゼリー状の物体が除去できたんですね。ほんの少しですが。それで痛みが引いたので、今はその状態です。痛みが続くようならシーズン終了後にちゃんと治そうということになっていますが、今のところ、痛みはありません」
 
---そのゼリー状の物体が溜まってしまった原因はわかってるんですか
中村「それが、よくわかってないんです」
 
---試合中に激しくぶつけたとか、トレーニングのしすぎ、或いは、左ひざだけに負荷がかかるような動作が続いたとか、明確な原因があったわけではないんですね?
中村「ないですね。本当によくわからないんです」
 
---これまでのキャリアのなかで、同じような症状を経験したことは?
中村「以前、右足の甲にガングリオンが出来てしまったことはありました」
ガングリオン…ゼリー状の物質で形成された、手や足ににできる腫瘍のこと。
 
---そうなんですね。
中村「なんか、余計なものが身体に入ってきちゃう、そういう体質なんですかね(笑)」
 
 
続く
 

f:id:songven:20180127103426j:plain