【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.11 5 of 5

Dialogue with Yuto Nakamura No.11
December, 2017
5 of 5

 

f:id:songven:20171216194613j:plain


---ところで、2017年も間もなく終わります。リーグ戦は続きますが、ご自身の2017年を振り返って、どんな年でしたか?
中村「まずはやっぱり、昨季になりますがカップ戦のタイトルを獲得したというのが、一番のハイライトですよね。ポジションが変わって新たなチャレンジが始まったし、新たな目標もできたし。とても充実した一年でしたね」
※Taipo FCは昨季、サプリング杯の王者に輝いた。

---2018年の抱負はどうですか?
中村「まずはやっぱり、大きな怪我をしないってことですよね。それから、どうしても僕は頑張り過ぎてしまうところがあるので、どこかでリラックスする時間を意識的に作らないとな、というのはありますね。それで最近はコーヒーにはまってまして」

---コーヒーですか。
中村「はい。妻と二人でカフェ巡りをしたりもしてますよ。そうやって、適度に力を抜く時間を作って、大きな怪我をしないようにしていきたいですね」

---素晴らしい!
中村「チームとしては、もちろん、タイトルを狙っていきたいですね。リーグタイトルはちょっと難しくなりましたが、カップ戦はまだ2つ残っているので、少なくともどちらか一方は、できれば両方、獲得したいです」

---2017年、日本では流行語大賞に「忖度」。今年の漢字一文字に「北」が選ばれたりしています。中村選手の中で、2017年印象に残った出来事は何でしょうか?
中村「サッカーの話になっちゃいますけど、川崎フロンターレのJ1優勝は印象に残ってますね」

---確かに。世間一般は鹿島アントラーズが優勝するだろうと思っていたのが、最終節でひっくり返しての優勝でした。
中村「小林悠選手は、僕の大学選抜時代の後輩に当たるんです。そんな彼が、リーグ得点王とMVPを取っちゃうんだ、と…。悔しさ10%、祝福90%って感じです(笑)」

---ちなみに、私は清水エスパルスが最終節で残留を決めてくれたことが印象的でした。静岡市出身なので(笑)
中村「よかったですね。来季もJ1でできて」

---はい。今回も本当にありがとうございました。2018年も期待しています!

f:id:songven:20171216194645j:plain