【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.09 2 of 5

Dialogue with Yuto Nakamura No.09
November, 2017
 
2 of 5
 

f:id:songven:20171126145846j:plain

---とても残念な試合展開でした。まずは、ご自身の先制ゴール(前半7分)を振り返っていただけますか?
中村「試合の立ち上がりは、チームとして、前でボールを奪って、サイドに展開して、シンプルにボールを入れようという意識でした。そんな中、イゴール(18番)がワンツーで相手GKまでかわしてくれて。僕はそれを決めるだけでしたね」
 
---立ち上がり、わずか7分に先制点というのは、まさに理想の展開ですね。
中村「そうですね。特に守備の部分がよかったです。前から引っ掛けることができていたし、後ろ(DF)も前線の守備にしっかり連動できていたので、相手からすれば、スペースがなく、戦いづらかったんじゃないですかね」
 
---この試合の立ち上がりは、リスクを犯さずに、まずは守っていこうという共通認識でしたか?
中村「いえ。この試合は前半からむしろリスク犯してでも前に行こうというプランでした。そういう意味では、プラン通りの試合展開でしたね。先制点の後、2点目を取ることもできましたし。ただ、その後のチームとしての戦い方にちょっと課題がありましたね。2点先制していただけに、そこは反省点です」
 
---2点目は29分。相手のオウンゴールでした。
中村「イゴール(18番)のシュート性のクロスが相手に当たって入ったゴールでした」
 
---前半29分までに、強豪ペガサス相手に2-0とリード。これほど理想的な展開はありません。ただ、先ほど、この後にの戦い方に課題があるとおっしゃいました。具体的には、どんな戦い方だったのでしょうか?
中村「ひとつは、チーム内で3点目を取りたい選手と、2点取って少し落ち着きたい選手と、ふたつに別れてしまったこと。もうひとつは、相手の1点目ですが、シーズンに1本、出るか出ないかくらいのスーパーシュートを決められたことで、気持ちが引いてしまった選手がいたことです」
 
---チームは34分に1点を奪われた後、立て続けに2点目を決められてしまいます(38分)。
中村「相手の2点目は、うちのDFとGKの連携ミスから奪われたゴールでした」
 
---チーム内の意思統一と相手のスーパーゴールで、ペガサスに付け入る隙を与えてしまった、と。
中村「僕みたいに経験のある選手が、どういう戦い方をするのかという指針を、チームに与えることができなかったのが原因かな、とも感じています」
 
---中村選手は、3点目を取りたかったのか、チームを落ち着かせたかったのか、どちらでしたか?
中村「僕はどちらかといえば3点目を早めに取りたかったですね。でも、後ろ(DF)が落ち着きたい感じだったのが伝わってきたので、中盤でプレーするものとしては、バランスを気にしながらやっていました」
 
---中村選手はバランスを取りつつプレーしていたが、チーム全体の意思を統一させるまでには至らなかった、と?
中村「はい。前線(FW)の選手は、3点目を取りに行きたがっていて、でも後ろが連動できなくなり始めて、FWが前に出て空いたスペースを相手に付かれるようになりました
 
---早々に2失点して、ペガサスも焦っていたのではないでしょうか?
中村「それはありましたね。ただ、相手の1点目が本当に、うちにとっては事故みたいなものだったんですが、あれで相手が勢いに乗って、うちが気落ちしちゃった部分もありましたね。もっとボールをつなげればよかったんですけど、逆にオープンな展開にしてしまったのも、よくなかったです」
 
---サッカーは1チーム11人で行うスポーツで、試合展開によって戦い方が変わります。その中では、たとえ同じチームの選手間でも、戦い方に違いが生じる状況もあります。そんなときは、やはり、チームの中で、意思統一を計っていく選手が必要なのでしょうか?
中村「必要ですね。サッカーは相手あってのスポーツでもあるので、試合展開だけでなく、相手の出方によってもチームの戦い方を考える必要があります。そういう時に、特に若い選手は、しっかり意思統一できないこともあるので、そういう時に、僕みたいな(経験豊富な)選手が声をかけていく必要はありますね。試合後には話をしたんですが、試合中にも、声をかけていかないといけないかなと思います」
 
 
続く
 

f:id:songven:20171126145901j:plain