【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.07 2 of 5

Dialogue with Yuto Nakamura No.07 

November, 2017 

 

f:id:songven:20171111135513j:plain

2 of 5

---公式戦、2連勝おめでとうございます!
中村「ありがとうございます」

---リーグの傑志戦、シルバーシールド杯の元朗戦と、2試合連続でスタメンを外れて迎えたSapling杯のイースタン戦。中村選手は自身の予言通り先発復帰し、チームは5-2で快勝。しかもYuto Goalまで飛び出しましたね。スタメンで行くとわかったときの心境は?
中村「試合前の戦術練習から、もうスタメン組に入ってやっていたので、予想はついていました。試合前は、やってやるぞ、という気持ちでしたね」

---ゴールを振り返ってください。
中村「チームの4点目でしたね。3点目が入ってすぐの4点目でした」

---あの試合、ゴールは狙っていたんですかね?
中村「いえいえ。試合前は、かなり拮抗した試合展開になるだろうと予想していたので、チャンスがあれば、どんどん出ていこうくらいでした。ただ、試合展開がああいう(点差の開いた)感じだったので、思い切って前に行けたというのはありましたね」

---パスが自分に出てきた時点で、あのゴールのイメージは湧いていた?
中村「はい。珍しくイメージが湧いてましたね。足元でコントロールして、相手GKが出てきたところを、チョンと。イメージ通りのゴールでしたね」

---決まった瞬間の心境はどうでしたか?
中村「嬉しかったですね。相手がイースタンというのもありましたし、ポジションがFWからCM(セントラルミッドフィルダー)になって、ゴール数自体は少なくなってたので。妻と親友が見に来てくれていたので、そこに向かって走っていきましたね」

---昨季とはポジションが変わったので、確かにYuto Goalの数は減っていますが、ゴールはやっぱり格別ですか?
中村「そうですね。やっぱり嬉しいですね。もちろん、チームが勝つことが一番で、それは変わらないんですけど、それでもやっぱりゴールは嬉しいですね」

---ゴールを決めて、「やっぱりストライカーのポジションに戻りたいな」という心境はありますか?
中村「いや。それはまったくないですね」

続く

 

f:id:songven:20171111135545j:plain