【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

【1 of 5】2016年末スペシャル「FOOT×BRAIN出演直後の中村祐人を独占取材! 10000字インタビュー」

2016年 年末スペシャ

「FOOT×BRAIN出演直後の中村祐人を独占取材! 10000字インタビュー」

聞き手:松本忠之

—本日は1-0での勝利、おめでとうございます。

中村「ありがとうございます」

—まずは決勝点のシーンから振り返りたいと思います。左に開いた中村選手からのクロスをエースのFWルーカス選手がヘディングで決めました。見事なアシストでした。中村選手にパスが行った際、ボールに寄っていかずに、相手を引き付けるような動きがあったように見えましたが、あの場面はどう考えてプレーしていましたか?

中村「リスタートからだったのですが、自分でボールを迎えに行ってコントロールするよりは、単純に流したほうが自分が仕掛けるスペースが生まれるなと判断しました」

—そこから、ドリブルで相手をかわしてからのクロスでしたね。

中村「ドリブルの時は、相手が古巣のチームメイト(標準灝天は昨季、中村選手がプレーした黄大仙)ということもあって、僕と対峙した選手は、僕が中に切り込むと思うだろうな、と。そこでタイミングを見計らって、縦に仕掛けて行きました」

—そして、ピンポイントのクロスでした。

中村「クロスをあげた時は、中はまったく見ていませんでした。相棒(決勝点を決めた11番のルーカス選手)の声が聞こえた方向へ蹴ったという感じです。多少無理やりでも、あいつなら何とかするだろう、と」

—私の中での中村選手は、いつもセンターFWの位置でプレーしているイメージが強かったので、クロスからのアシストというのは珍しいシーンだと感じました。しかも利き足とは逆の左足で、ピンポイントのクロスでした。

中村「でも、自分としては昔から、左足のほうが得意なんですよね。ステップが取りやすいからかな?よく理由はわからないのですが。サウスチャイナでのデビュー戦のアシストも左足でしたしね」

—対峙した相手が古巣の選手だったので、というお話でしたが、あの場面で中へ切り込んでいく選択肢は想定しなかったですか?

中村「なかったですね。もちろん、中に切り込んで自ら得点を狙いにいくという選択肢もありますが、あの場面ではサイドで縦に行くという動きも相手に見せておきたかったというのもありました。そしたら、思いの外、うまくドリブルで抜けれたし、クロスをあげるスペースも十分ありましたね」

—あの形は練習でよくやっているのですか?

中村「いや、やってないです。僕もサイドで縦に抜けることはあまりないので」

—それにしては、クロスが本当にピンポイントでしたが、あれは感覚的に「ここに上げれば」というものがあるのですか?

中村「そうですね。まぁサッカーを長くやっていれば、感覚的なものはありますね。ここに(DF)ラインがあるから、この辺(に味方がいる)だな…というような」

—結果的にこれが決勝点になったわけですが、その直後、中村選手に決定的な場面が訪れましたが、惜しくもゴールにはなりませんでした。あの場面を振り返っていただけますか?

中村「PA付近で相方(11番ルーカス)にボールが収まったときに、最初、(中村選手が)右に抜け出すスペースがあったんですね。でも、相手からしたらクロスに走られたほうが嫌だろうなと思ったので、途中から左に切り換えました。それで…まぁあんないいタイミングでボールが出てくるとも思わなかったんですが(苦笑)、しっかりと僕のことを見ていてくれてて。それで最高の場所にボールが来たんですけど…」

—決められませんでした。

中村「GKの脇下を狙って(シュートを)打ったんですけどね。それが少し甘くなって…。まぁああいうのを決めきらないといけませんよね」

—脇下を狙ったとのことですが、あれだけ速いプレースピードで、DFにも寄せられて、GKも出てきている状況下で、まぁあの位置なら当然、選択肢はシュートしかありませんが、一瞬で「脇下だ!」と判断したのですか?

中村「そうです。まぁあの場面、当然、GKが出てきていたのは見えてました。ただ、僕の感覚ではもう少しDFに詰め寄られるかな?というのがあったんですが、意外にそうでもなかったんですね。それで逆に焦りが出たのかな…まぁともあれ、決めなきゃいけない場面ですよね」

—この場面のシュートも左足でしたね。もうゴールまであの距離(PA内)になれば、利き足か逆足かは関係ありませんか?

中村「元々、僕は右足でも左足でもあまり変わらないんですよ。それで、左足でGKのここ(左脇下を指差す)を狙ったんですけど、ここ(身体の左半分側を指差す)に当たっちゃったんです」

—では、止められたというより、GKに当ててしまった感じですか?

中村「そうです。止められてはいなかった。僕が当てちゃった感じです」

—中村選手のファンの方々は、当然、祐人ゴールを期待してしまうと思います。試合終了間際にも惜しいチャンスがありました。もっとも、あの場面では、ルーカス選手が直接シュートしてもよかったように思えますが。

中村「あれは直接シュートを打つべきでしょう。だからボールが来たときも、おいおい!って思いましたけど(苦笑)。」

—中村選手はルーカス選手が直接シュートを打つと思っていたんですか?

中村「お前が打て!とは思っていましたが、こいつパス出してくるな、とも思っていました」

—試合展開としては、1-0でリードしているロスタイム。ここで追加点を奪えば勝利を確実にできるという場面でしたよね。しかも、ロスタイムに入ってからも相手に押し込まれていたわけですからね。

中村「彼はどフリー。僕はDFが付いてきていた。それでも、気を遣って僕にパスを出してくれたんでしょうね。っていうか、GKかわす前で打てよっていう」

—あ、そのタイミングで打ってよかったんですね?

中村「そうです。かわす前に打ってよかった場面です」