【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

岡田武史監督が熱演!中国のサッカーフォーラムにて/1st

中村祐人が語るチームの見えざる変化。最新インタビュー

2016年4月。

中国杭州市で中国初のサッカー博覧会が開催され、それに併せてユース発展国際フォーラムと題するシンポジウムも開催。そこに、杭州、ユースというキーワードにぴったりのスペシャルゲストが登壇し、講演を行った。

岡田武史監督だ。ご存知、杭州緑城の監督を2シーズン務めた。

岡田監督はまず、杭州緑城の監督に就任した経緯とそこで見えた中国サッカーの問題点について言及した。

「2010年南アW杯が終了し、さて次の仕事はどこだろうと思っていた矢先、杭州緑城からお話をいただきました。私はオファーを受けると、すぐにここだと決めました。なぜなら、クラブのトップである宋平さんの情熱と、ユースを強化して優秀な選手を送り出したいというビジョンにとても感動したからです」

「そして、いざ、クラブの監督に就任して、同時にこのクラブのユースも担当しました。杭州緑城はグラウンドやクラブハウスなど、ハード面はとても素晴らしい環境がありました。ただ、杭州緑城ユースの試合相手を探し始めたところ、まったく相手が見つかりませんでした。その時、私はこの国(中国)のサッカー界の問題点に気が付きました」

続く

※当ブログでは、中国1部リーグの呼称を中国で一般的に使われている「中超」に統一いたします。「中超」は中国語の「中国超級聯時」(中国スーパーリーグ)の略で、日本でいうJ1に相当します。また、香港プレミアリーグについては「香港プレミアリーグ」と記します。