【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

本田、ラツィオが決まらなくてよかった?

(小松英之が音声で振り返るメキシコ戦はこちらから)

本田にはミラン以外にもオファーが届いているという。

CSKAのGMが語ったというから、本当だろう。

ミラン以外では、エバートンが大きく報じられていた。しかも、移籍金もミランより全然高額だ。しかし、ビッグクラブを目指す本田は、あくまでミラン希望のようだ。

思えば、ラツィオのときは、本田は個人合意できていたのに、CSKAが断った。移籍金が提示額より足りなかったためだ。

しかし、今は状況が違う。

契約満了まで半年を切った選手は、自分が希望する移籍先と自由に交渉できる権利がある。だから、エバートンのように(報道が事実だったとして)ミランより高額な移籍金を提示しているクラブがあっても、あくまで本田の希望を優先できるのだ。

ラツィオに行っていたら、どうなっていたか。

そんなことは誰にもわからない。

しかし、ミランに決まれば、あの時、ラツィオに決まらなくてよかった、といえるかもしれない。ラツィオに移籍したあと、さらにミランかそれ以上の移籍があったかどうか…誰にもわからないが、少なくとも契約満了まで半年を切ったからこそ、ミランにこだわれる状況が、今はあるのだ。

今週にあると報じられているミランとCSKAのクラブ間交渉にまずは期待したい。

(筆:小松英之)

小松英之(こまつひでゆき)

サッカーコラムニスト。

サッカー専門ブログ「BEE Football Spirit」アドバイザー、コラムニスト。

【略歴】

静岡生まれ。

小さい頃から地元の高校である清水商業(当時)や清水東、東海第一(当時)、静岡学園などの試合を見て育つ。Jでは清水サポ。大学卒業後に中国に渡り、日本代表やJリーグの観戦ができなくなるが、あふれるサッカー熱は抑えきれず中国サッカーの観戦及び取材を行うようになる。

【観戦経験】

英プレミア:マンU(香川移籍後)、チェルシーマンチェスターC。

リーガ:バルセロナ

セリエ:ユベントス、ローマ。

欧州CL:バルセロナベンフィカ

【中国Cリーグ】

中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花武漢卓アルといったクラブ関係者と交流があり、Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鋒氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。

<お知らせ>

イングランド・オランダ・日本・中国の各国の指導者ライセンスを所持するサッカースクール!

小松英之の連載がブログで紹介されました!

BEE Football Spiritは「上海をサッカーの街にするプロジェクト」をサポートします!