【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

イタリア対策はピルロ対策?

(ブラジル戦とは一体なんだったのか?小松英之が音声で振り返る!こちらから)

ピルロがあの位置にいる、というのが、すでにひとつの戦術」

日本代表の中村憲のコメントだ。

今夜、イタリアと対戦する日本。

イタリアの攻撃陣に対して、どうあるべきだろうか?

やはり、一番の注目はピルロをどう抑えるかだ。

ピルロを抑えれば、50%以上は封じることができるといっても過言ではない。ピルロ以外では、バロテッリの個の力、そしてデロッシマルキージオのところだろう。これは、真ん中をしっかり固めれば、少なくとも大量失点することはないのではないか。

日本にとって一番いやなのは、ブラジル戦のように、3点以上取られること。グループリーグ突破を目指す上で、勝たなければならないこの試合。引き分けでも厳しい。そうなると、失点はもちろん避けたい。だが、イタリア相手に無失点で終われるかといえば、やはり1失点はあっても当然だろう。となると、やはり、ピルロだ。ここをしっかり抑えないと、2点、3点とやられてしまう。

日本の攻撃陣に関しては、これはもう、勇気を持ってチャレンジ!というしかない。ブラジル戦のような攻撃陣の姿を二度と見せてはいけない。その思いは、選手たちが一番強いだろうから、あとは先発したメンバーで、いかに相手を崩すか。勇気を持って、がんがん攻めるしかない。

ただし、ひとつだけ具体的なことを挙げるとすれば、本田のミドルシュートではないか。ブラジル戦でも、唯一、相手にとっての恐さ、日本にとっての得点の臭い、これを漂わせていたのが本田だった。「素早いパス回しと裏を取る動きで、相手にとって危険なエリアへ入り込む」というのが日本の攻撃の特徴だが、世界トップクラスの強豪国が、そうやすやすと「自分たちにとって危険なエリア」にいれてくれるはずがない。

では、その状況をいかに作り出すか。そのひとつの答えがミドルだ。ミドルで相手の選手を引き出す。引き出せば、裏にスペースが生まれる。日本の中で、もっとも強烈で精度の高い(実はこの精度が大事。積極的にミドルを打っても、枠に飛ばなければ、相手にとって脅威にはならない)ミドルを持っているのは、やはり本田だ。

そのためにも、本田には、前を向いてボールを持てる機会を多く作ってほしい。さらにそのためには、FWは前田が望ましいのだが、果たして…

さぁ。

いよいよイタリア戦。

キックオフ!!!

(筆:小松英之)

小松英之(こまつひでゆき)

サッカーコラムニスト。

サッカー専門ブログ「BEE Football Spirit」アドバイザー、コラムニスト。

【略歴】

静岡生まれ。

小さい頃から地元の高校である清水商業(当時)や清水東、東海第一(当時)、静岡学園などの試合を見て育つ。Jでは清水サポ。大学卒業後に中国に渡り、日本代表やJリーグの観戦ができなくなるが、あふれるサッカー熱は抑えきれず中国サッカーの観戦及び取材を行うようになる。

【観戦経験】

英プレミア:マンU(香川移籍後)、チェルシーマンチェスターC。

リーガ:バルセロナ

セリエ:ユベントス、ローマ。

欧州CL:バルセロナベンフィカ

【中国Cリーグ】

中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花武漢卓アルといったクラブ関係者と交流があり、Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鋒氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。

<お知らせ>

イングランド・オランダ・日本・中国の各国の指導者ライセンスを所持するサッカースクール!

小松英之の連載がブログで紹介されました!

BEE Football Spiritは「上海をサッカーの街にするプロジェクト」をサポートします!