【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

アッレグリ「バルサにとどめを刺せなかった」

イングランド・オランダ・日本・中国の各国の指導者ライセンスを所持するサッカースクール!

小松英之の連載がブログで紹介されました!

欧州CL決勝トーナメント

ミラン(H)20バルサ (ファーストレグ)

「結果はちょっとオーバーだった。なぜなら、ミランにはチャンスはたったの2回しかなかったのだから」

たった2回のチャンスをきっちり決められ、守備は集中が高く崩すことができなかった…

欧州CL優勝候補筆頭のバルセロナがファーストレグでミランに破れた。ミランももちろん強豪であり名門だが、今季の戦力や成績を見ていれば、ホームといえどもここまで完璧にバルサに勝つとは、多くの人は予想しなかったのではないか。

バルサはいつもと変わらず、ボールを支配し続けた。

そして攻め続けた。

しかし、ミランの守備をこじ開けることはできなかった。

だが、もちろん、バルサがこのスタイルを変える必要はないし、もちろん変えることもない。セカンドレグはカンプノウ。ここで、3点差をつけて勝つことである。なにせ、バルサにはメッシがいる。ホームでミランに3点差以上をつけて勝っても、なんの不思議もない。

ただ、やっかいなのはアウェイゴールだ。

バルサはファーストレグで1点でも取っていれば、セカンドレグのプレッシャーはまったく違うものになっていた。万が一、セカンドレグ、カンプノウミランアウェイゴールを奪われるようだと、たとえ1点だったとしても、きつくなる。

バルサは、3点差以上をつけて勝たなければミランに勝てない。

ということは、もっとも理想なのは30での勝利だ。

しかし、もし1点でもミランに決められてしまうと、41で勝つ必要がある。いくらバルサといえど、メッシがいるといえど、カンプノウだろうと、ファーストレグで見事な守備を見せたミランから4点奪うのはきつい。

逆にミランにとってみれば、1点取れば、勝算は大幅にアップする。

1点取れば、3失点は許されるのだ。たとえばセカンドレグでバルサが31で勝ったとする。2試合の合計スコアは33の同点。この場合、アウェイゴールの多いほうが勝ちとなる。バルサアウェイゴールなし。ミランは1。そう。ミランの勝利なのである。

となれば、当然、ミランはしっかり守備を固めて、少ないチャンスをものにする、昨日の戦いを踏襲してくるであろう。たとえアウェイでゴールが奪えなくても、3失点しなければ、まだ望みはあるのだ。

ミランアッレグリ監督は「3点目を奪ってとどめを刺せなかったのが残念」とコメントした。これはなにも、勝利を手にして高慢になっているのではない。監督は続けて「相手がバルセロナならなおさらだ」としたあと、「彼らのホームでの平均得点はすごい数字だからだ」。

バルサの底知れぬ強さを知っているからこそのコメント。

さぁ。

今から、このカードの第二戦が楽しみである。

<筆:小松英之>

BEE Football Spiritは「上海をサッカーの街にするプロジェクト」をサポートします!