【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

森本がベッカムとチームメートになる!?

イングランド・オランダ・日本・中国の各国の指導者ライセンスを所持するサッカースクール!

小松英之の連載がブログで紹介されました!

森本が加入したばかりのUAEのクラブ、アルナスルに、元イングランド代表監督のエリクソンがテクニカルアドバイザーとして就任した。

この人事の目的のひとつは、当然、欧州の有名選手の獲得であろう。いくら資金があっても、リーグやクラブの質という問題があり、さらにはクラブ側の交渉人が選手と「面識のない者」であれば、障壁は多い。しかし、「よく知った人」が交渉相手であれば、選手側も交渉に前向きになるのは当然だ。特に、今回のエリクソンの場合、元イングランド監督ということで、英国の選手獲得には大きく前進することは間違いない。

そこで名前が挙がったのが、目下、移籍先を模索しているベッカムだ。

この「世界一有名なサッカー選手」(エリクソン談)は、アメリカのロサンゼルスを今季限りで退団。だが、まだ次の所属が決まっていない。エリクソンにとってイングランド代表時代の教え子にあたるベッカムを、クラブが放っておくはずがない。

ベッカムにはいろいろなオファーが届いているはずだが、今のところ、大本命すら判明していない。だとすれば、豊富な資金、エリクソンという後ろ盾に、セリエAのクラブで指揮を取ったこともある監督がいるという条件で、交渉を進めていく可能性は十分にある。

果たして、ベッカムと森本が同じクラブでプレーするという夢のような展開はありえるのか…

まさにベッカムは「夢を与えてくれる」存在である。

<筆:小松英之>

BEE Football Spiritは「上海をサッカーの街にするプロジェクト」をサポートします!