【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

香川の代表復帰時期が決定か

イングランド・オランダ・日本・中国の各国の指導者ライセンスを所持するサッカースクール!

小松英之の連載がブログで紹介されました!

2013年がスタートした。

今年日本代表はまず来年のブラジルW杯出場を決めるという、最大にして最目前の使命が待っている。早ければ、3月26日のヨルダン戦で決まるからだ。

そして、6月にはコンフェデ杯が待っている。

ブラジル、イタリア、そしてメキシコ。すべて日本より格上の強豪国。この3ヶ国とガチンコ勝負ができるのだ。これはまさに、「またとないチャンス」である。

こうした素晴らしい試合が続く2013年だが、やはり気になるのは日本代表メンバーだ。すべての試合は2014年のブラジルW杯で勝ち抜くため。そのためには、やはりベストの布陣で、さらには控え組含めたベストの底上げで強化をしたい。つまり、怖いのは選手の怪我だ。

香川は12年も怪我に泣かされた。

マンUというビッグクラブでレギュラーに定着してきたと思ったら、怪我にて戦線離脱。幸い(!?)同クラブの他のメンバーにも故障や過度の疲労が出て、まだまだ起用されているが、もちろんそれは今後もこのビッグクラブでの定位置を約束されたわけではない。

ともあれ、そんな香川が昨年末から実践復帰した。これは明るいニュースだ。日本代表への復帰は2月6日のラトビアとの親善試合が予想される。日本代表はこの試合で欧州組をフル活用する方針だからだ。

香川、本田、岡崎、遠藤、長谷部、今野、吉田…

こうしたいわゆる「主力」がきちんとそろった上で、W杯予選もコンフェデも戦いたい。その中で、途中出場や戦術によってどんどん新しい選手も起用してほしい。宮市、宇佐美などの若手にも、どんどんA代表での出場機会を与えてほしい。

いずれにしろ、今年も日本代表が我々を盛り上げてくれることには変わりはないだろう。楽しみだ。

<筆:小松英之>

BEE Football Spiritは「上海をサッカーの街にするプロジェクト」をサポートします!