【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

殺す気か!マンU監督「ペルシー生きてるのはラッキー」

イングランド・オランダ・日本・中国の各国の指導者ライセンスを所持するサッカースクール!

小松英之の連載がブログで紹介されました!

マンU11スウォンジー

この試合の後半30分にそれは起こった。

相手ペナルティーエリア付近でファウルを受けて倒れこんだマンUのエース、ペルシー。するとなんと、その頭めがけて至近距離からボールが飛んできた。

犯人(!?)はスウォンジーのウィリアムズ。笛が鳴ってプレーが止まったにも関わらず、クリアーしようとしてボールを思い切り蹴ったところ、ペルシーの頭に直撃。ペルシーは怒りのあまり立ち上がると同選手につかみかかり、乱闘寸前の騒ぎとなった。

このプレーについてマンUファーガソン監督は、

「ペルシーが生きているのはラッキーだ。あんな行為は恥ずべきものであり、あの選手は出場停止になるべきだ。なぜなら、首を骨折する危険性もあったからだ」と怒りが収まらない。

VTRでスロー再生を見たが、確かにあれは危ない。しかも、故意にやったように見える。だが、当のウィリアムズは「ボールをクリアしようとしただけだ」と語り、意図的ではないとコメントしている。ウィリアムズにはイエローカードが出された。

試合も幾度も追加点のチャンスを作りながら結果的に11の引き分け。マンUにとっては後味の悪い結果となった。

<筆:小松英之>

BEE Football Spiritは「上海をサッカーの街にするプロジェクト」をサポートします!