【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

酒井高がスナイデルとチームメートに!?

イングランド・オランダ・日本・中国の各国の指導者ライセンスを所持するサッカースクール!

小松英之の連載がブログで紹介されました!

「来夏に向けて動いているのは事実」

イタリアのある代理人が明言した。

獲得に動いているクラブはACミラン。そしてそのミランが狙う選手はなんと日本代表でシュツットガルト所属のSB酒井高徳だ。

ミランは現在、9位と低迷。そんなチームの立て直しに、若いSBの選手を獲得する方針で、その白羽の矢を立てられたのが、酒井高だった。

ちょうどそんな折、あるイタリアメディアが気になるニュースを報道。それは、長友のチームメートで親友でもあるオランダ代表でインテル所属のスナイデル獲得に向けて、ライバルであるACミランが動いているという内容だ。

スナイデルは年俸を減額されたことで、インテルとの契約延長を拒否しており、クラブ側も年俸の減額を受け入れない場合は、放出する方針だ。すでに香川のいるマンUに放出か?といった報道があるが、そんな中、ミラノダービーを戦うライバルが獲得に乗り出す可能性があるという。

この二つの移籍が実現すれば、酒井はスナイデルミランでプレーするチャンスが生まれる。考えてみると、すごいことだ。

さらにすごいのは、スナイデルはすでにインテルで長友とプレーしており、もしもマンUに移籍すれば香川とプレーすることになり、ミランにいけば酒井とプレーする可能性もある、という現状だ。それだけ、日本人選手が欧州で評価されてきているのは、本当にすごい。

ともあれ、酒井のミラン移籍はぜひ実現してほしい。

インテル長友、マンU香川、(実際にはプレー経験がないが)アーセナル宮市、(すでに移籍したが)元バイエルン宇佐美など、「超」がつくビッグクラブでプレー(もしくは所属)する日本人選手の中に、「ACミラン酒井高徳」が加われば、またひとつ、日本サッカー界における栄光の歴史が刻まれることになる。

<筆:小松英之>

BEE Football Spiritは「上海をサッカーの街にするプロジェクト」をサポートします!