【公式】松本忠之「中国人は反日なのか」(コモンズ出版)著者のブログ

中村祐人、コラム【縦横無尽】、ビール、アメリカ、中国etc

岡田ジャパン16強入りの徹底分析

野口のブログに松原良香氏が登場!

BEE FOOTBALL SPIRITは【COPAスーパーシティー】をサポートします!

BEE FOOTBALL SPIRITはトータル・フットボール・アジアを応援します!

16強入りの原因はなんなのか。当ブログ・コラムニストの小松英之氏に聞いた。

1、直前のチーム変更

まずは、スイス合宿に入ってからのチーム構成の変更。これが結果的に非常に良かったですね。特に、阿部(浦和)のアンカー。これが日本のDFに絶対的な安定感をもたらしました。GLを3試合戦って2失点。しかも、デンマーク戦はPKですから、実質はオランダのシュナイデルのゴール。あれも、川島の手に当たっています。つまり、完全に崩されてきれいに決められたということはないんですね。カメルーン、オランダ、デンマークと戦ってこの結果はとても評価できます。

なにより、予選で貢献した選手でも、調子の上がらない者は控えに回すという岡田監督の英断、そしてそれに応えた選手。それが大きいです。

2、本田の存在

まさに救世主ですね。W杯に合わすように急成長してきました。慣れないFWもきちんと自分の役割を理解して、徹しています。その姿も感動的です。そして、カメルーン戦での貴重なゴール。世界レベルのフリーキック。オランダ相手でもキープできる能力、フィジカル。もういまや日本代表は半分は本田のチームですね。彼がいなければ、今のような戦い方はできません。

3、団結

06年大会に絶対的に欠けていて、今大会にあるもの。それが団結です。試合前の国歌斉唱でみんなで肩を組むのは、選手から監督に打診しています。こういった自発能動的な団結ができるチームは、やはりいざというとき強いですね。そういうチームを作り上げた岡田監督の手腕もあるだろうし、選手の謙虚さもあると思います。もっとも06年大会を反省して団結が高まったのなら、前回大会も少しは役に立っている…??のかな。

パラグアイ戦について

パラグアイはとにかく1対1では日本は分が悪い。組織で守ることが大事です。できるだけ1対1を作らない。抜かれてもすぐにカバーする。かなりの走力が求められる試合です。疲れをきちんととって、これまでと同じメンバーで臨むでしょうから、今のチームなら勝てるという確信をもって、勝利して欲しいと思います。

presented by BEE Football Spirit

小松英之【連載】海を越えたピッチからの便り

第一回

第二回

第三回

第四回